高知在住のhisaがランニングと自転車のことを主に書いた日記的ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工石山でトレラン

土曜日、ちょっと時間があったので昼から工石山に行ってきましたよ。
県道16号は山崩れで全面通行止めなので別ルートから。
高知のサイクリストにゾンコランと呼ばれてるルートで行きました。
なかなかの激坂です。
コマジェでアクセル全開にしても40km/hもでんぜ。。。
今度はチャリで来てみよう。


途中でリンドウが一面に咲いてるとこがあったよ。
写真じゃ伝わりにくいけど、ほんとにすごい数でした。
20141011a.jpg



登山口には午後2時ちょっと前に到着。
車は3台ほど止まっておりました。


さっさと準備を済ませてスタートです。
登り始めてすぐ、ジンジソウが咲いてましたよ。
20141011b.jpg
下の花びら2つだけが長く、漢字の「人」に似てるからジンジソウ(人字草)とついたらしい。




今回は南周りで。
20141011c.jpg
ここはほんとに走りやすいトレイルです。
よく整備されていて比較的安全なのでトレラン初心者にはオススメ。
上級者にはちょっと物足りないコースですが・・・。


自分は相変わらずダメダメな走り。
体力の低下が著しいですね。。。
走ったり歩いたりを繰り返しながら登ります。
ちなみにマラソンでサブ3.5くらいの力があれば山頂までずっと走って登れますよ。


汗がじわじわでてきました。
風の谷でちょい休憩。
20141011d.jpg



涼しい風が吹いていて気持ちいいです。
20141011e.jpg



40分ちょいで山頂に到着。
20141011g.jpg
展望台でコーヒー飲んでゆっくり休憩しました。




さて、あんまり休み過ぎても体が冷えるので下山します。
北の頂にも寄っていきましたよ。
遠くに石鎚山が見えます。
20141011h.jpg




リンドウの咲くトレイルを気持ちよく走ります。
20141011i.jpg
やっぱ下りは気持ちいいわー。



赤良木園地を経由して南回りコースに戻り下山です。
今回は時間の余裕(体力もやけど)がなかったので隣の三辻山には行かずでした。



今回走ったコース。
20141011f.jpg

沿面距離は8.3km
総上昇量 460mちょい

もうちょい時間がとれればロングコース行きたいなぁ。



スポンサーサイト

横倉パトロール

今日は10時くらいから横倉山をパトロールしてきましたよ。
いつも通りに第一駐車場に車を止めてスタートです。

天気は小雨。
20141005a.jpg
台風が近づいているせいか?この時期にしては珍しく他に車が止まってなかった。



小雨くらいだと登山道に入れば雨に濡れることもなく快適に走れます。
落ち葉もまだ濡れてないし。



兜嶽からの景色。
小雨の降る中にしては良く見えました。
20141005b.jpg


しかし・・・

体が重いっ!
体重が5キロくらい増えてるので当たり前だけど、ほんとに上りはぜんぜん走れません。
ここまで走れなくなったのはレースに出るようになって10年くらい経つけど初めてやわ。
こりゃ、故障が完治しても完全復活するにはかなり時間かかりそうだぞ。



横倉宮の手前で銀竜草が1本だけ生えてましたよ。
20141005c.jpg



畝傍山の眺望所から馬鹿だめしを見る。
ちょっと秋っぽい景色になってきましたね。
20141005d.jpg
この辺りから雨が本降りになってきて、びしょ濡れです。。。



いつも通り、空池で撮ってみた。
20141005e.jpg

雨がえらい降ってきた。
さすがにこれ以上はヤバそうなので、このまま第3駐車場に出てからロードを走って下山しました。

沿面距離  6.9km
総上昇量  410mくらい

だいたい先週行った稲叢山と同じくらいですかね。
もうちょっと走りたかった・・・。

家でローラーでも漕ぎます。



そういえば、今日は土佐塩の道トレイルレースだったけど、無事に開催されたかな?
里山の高速コースで思いっきり走れて好きなんだけど、今年はこんな状態なのでエントリーしませんでした。
来年はできればまた走りたいなぁ。

平家平ぐるっとトレラン ②

前回の続き。

緩やかに下っていく林道を走る。
この林道、車が通った形跡がまったく無い。
静かでいい感じなんだけど・・・ ちょっと不安も。
まぁ、それ以上に期待のほうが大きいんですけどね。

20140629q.jpg



少しして、車が通った形跡が無い理由を発見。
林道の端が崩落しとるやんか。
20140629r.jpg
こら、危なくて車は通れんわな。



その先に水が流れてました。
20140629s.jpg
ジャバジャバと顔を洗って汗を流す。気持ちいい!
空のペットボトルに水を補給。
お腹が弱いので生水はできるだけ飲みたくないが、手持ちの水が切れた場合を考えてお守り代わりにね。



三ツ森峠から20分ほどで林道が二つに分かれてた。
いや、後から思うと分かれてるというか、東西に伸びる林道に出た が正解かな。
今まで走ってきた林道とは明らかに違う。もっと整備されてるし、ガードレールまである。

この分岐でちょっとやってしまった。
GPSウォッチに表示されてる高度からして小麦畝はまだまだ下だと思い、深く考えずに下っていくほうに進んでしまった。
20140629t.jpg
下っていく方は小麦畝とは逆、東に進んでると気付いたのは5分ほど下ってから。。。
しょーもないミスで疲れがいっきにでた気がする。
走れない坂ではないがトボトボと歩いて戻りましたよ。

ちなみに正解だった逆方向はちょっと上っただけですぐに下り坂になってました。
チクショー!罠にひっかかってしまったぜ。


下り坂になるとまたゆっくり走る。ほんとゆっくり。
スタートしてから4時間近く経ってるのでさすがにバテてきたよ。

林道分岐から1.8kmくらいで小麦畝登山口に着いた。
20140629u.jpg
登山口近くの駐車スペースには平家平の山頂で昼食をとっていたパーティーが帰り支度をしてました。
走りながら挨拶して先を急ぐ。
不思議そうな顔で見られましたよ。


小麦畝登山口のすぐ下で林道の分岐。
ここを右に曲がればスタート地点の高藪登山口に出るはず!
この林道は地図にも載ってました。
ギュイッと右に曲がりましたよ。

しかし、道が悪いなぁ。地図に載ってるのに車では入れそうにないくらい荒れてる。
20140629w.jpg
そして地味にだらだらと続く上り坂・・・
練習不足のオッサンは走れるわけもなく、歩いて走っての繰り返し~。

そんな調子だからなかなか進まない。
ほんとにこの道で合ってるのか?
いまさら戻りたくはないぜ。
GPSウォッチの電子コンパス機能と地図を見て、地形を頭の中でイメージする。

20140629x.jpg
うん、間違いない。この道で合ってるはずや。
久々に感じる感覚。
山を始めたばかりの頃、SILVAのコンパスと新品の登山地図を見ながら色んな山に行った。
行く山全てが初めてで、毎回ドキドキワクワクの冒険だったな~。
そんなあの頃を思い出した。
そして、いつの間にか行く山はだいたい同じとこばかりになってると気付く。
たまには冒険も必要ですネ。



この林道も車が通った形跡がないと思ってたら、土砂崩れしてた。
20140629y.jpg
まぁ、土砂崩れがなくても普通の車だと通るのは難しいくらい荒れてますが。


長い林道の上り坂が終わって下り坂に。
下りはゆっくり走る。
すぐに見覚えのある道に!
まっすぐ未舗装路を行けばもうちょっとでスタート地点の高藪登山口に戻れる。
やったぜ!
20140629z.jpg
スタートしてから5時間弱でなんとか戻ってこられました。
お守りに持っていた山の水はなんとか飲まずにすみましたよ。喉カラカラやけど。
久しぶりのドキドキを味わえてなかなか楽しいトレランでありました。
また、周回できるコースでけっこう走れる場所も多いのも良かったです。
たぶん、また来そうな気がします。


今回のルート。
20140629c.jpg
*クリックで全表示します。


高低図
20140629b.jpg



GPSデータ
20140629a.jpg

獲得標高が意外と少ない・・・
改めて現時点の体力の無さを思い知りましたよ。

平家平ぐるっとトレラン ①

お久しぶりです。
忙しくてブログ更新できてませんが、最近はけっこう山へ行っております。
なのでちょっと古いですが6月29日に行った山のことなど書いておきます。

この日の目的は平家平と冠山。
高知県側から登る場合は小麦畝登山口が一般的のようですが、高藪の登山口から登ることにした。
登山口に熊注意の標識がありました。
20140629d.jpg
四国では剣山系しかいないと思ってたけど、こっちにもいるんですかね?


入り口付近は草が生い茂っていたけど、その後はけっこう整備されてる道。
そして直登ルートなのに思ったほど斜度はきつくないです。けっこう走れます。
20140629e.jpg



平家平(1692.6m)山頂で記念撮影。
6年くらい前に笹ヶ峰からちち山へ行った時に笹が深かったのを思い出し、ロングタイツを履いてきましたよ。
なんか初心者トレイルランナーっぽくてカッコ悪い!?
20140629f.jpg



平家平山頂付近は低い笹で超快適トレラン。
ただし、展望はガスっててイマイチ。
20140629g.jpg



冠山へ向かう道、やっぱり良くないです。
笹が深い場所も多く、まともに走れません。ロングタイツ履いててヨカッタ~。
20140629h.jpg




平家平から30分ほどで冠山(1732m)に到着。
20140629i.jpg
景色は・・・  何も見えん!(笑)

ここから笹ヶ峰に行くという選択もあるのだろうけど、道が悪いので引き返します。
楽しくないし、ピストンになるので。

冠山近くから見た平家平。
ちょっとガスが晴れてきた?
20140629j.jpg


平家平山頂に戻ってきた。
まだまだ時間も体力も余裕あり。
よし、このまま三ツ森山へ行こう!


平家平から東へは緩やかな下りで極上のトレイル。
20140629k.jpg
これくらいの斜度だと体力なくても気持ちよく走れますね。
最近の自分にはピッタリや。


極上トレイルで気持ちよく走れば30分ほどで三ツ森峠に出た。
走ればあっという間ですね。
20140629l.jpg
ここから670mでいっきに200m高度を上げます。
かなり厳しい上りです。
もちろん走れませんよ!

キツ~! 
20140629m.jpg

途中で立ち止まって呼吸を整えないと登れない。
なんせここ半年くらい月間50kmも走ってないからね。


なんとか三ツ森山(1429.5m)山頂に到着。
疲れた・・・。
20140629n.jpg
そして、展望はない。。。
来た道を戻ることに。

下りも急過ぎて走れません。
単独なので安全第一でゆっくり下りますよ。

15分ほどで三ツ森峠に戻ってきた。
ここからさらに来た道を戻るつもりでしたが・・・・
見ちゃったんだよ。

20140629o.jpg
三ツ森峠を通る未舗装の林道を南に下れば小麦畝に出られるのか?
自分の持ってる登山地図にはこの道は載っていない。
でも林道は下から作ってきてるはずなので、どこかに出られるはずだ。

単独で山に入る場合は特にやってはいけないことなんだろうけど、「地図に無い道」というマジックワードが俺の冒険心に火をつけた。
そして俺はもうこの冒険心を抑えられない!
食料は十分ある。ヘッデンも持ってる。水は残り少ないがこれから気温も下がってくるので問題ないだろう。

そして林道をゆっくりと走り始めた・・・。
20140629p.jpg

オッサンの小さな冒険が始まる。


②へ続く・・・・



稲叢山へ登山 ②

虫のせいでゆっくり食事できんかった・・・・。
今度は虫の少ない時期に来たいですねぇ~。

で、さっきの標識のとこに戻る。

20140615g.jpg
ここをダム湖のほうに下ります。



けっこう急な下りだけど、走ったら面白そうなコースやなとか考えつつ歩いて下りましたよ。
20140615-a.jpg



どんどん下って行くと、杉の植林になる。
そこから少しで標識のある分岐です。
20140615-b.jpg
この分岐、稲村トンネルの登山口より低いとこにあるんですね。
けっこう下りました。といっても40分弱ですが。
分岐を伝説の洞窟のほうに。ここから上りです。
登山口から稲叢山への上りより急で長いです。だから?山頂で引き返してる人が多かったように思います。



徒渉を何度か繰り返して上っていくと、滝が見えます。
20140615-c.jpg
残念ながら水量が少ないので迫力がないっす。最近まとまった雨は降ってなかったかな?




伝説の洞窟だー!
なんかRPGゲームに出てきそうなネーミングですね。
20140615-d.jpg
この標識の少し手前にですね、



洞窟へ行く鎖場があります。ぼーっと歩いてたら見落としそう?
20140615-e.jpg



この洞窟に平家の落ち武者がいたそうな・・・
20140615-f.jpg
中はすぐに行き止まりですよ。



壁のような滝。
ここも水量が残念なんですが、壁一面のセンダイソウの葉が美しいですね。
10月頃に花が咲くようです。
20140615-g.jpg
この辺りで会った単独女性に花のことを色々と教えてもらいました。
しばらく話しながらゆっくり登りましたよ。
山の登り方も人それぞれ、色々ありますね。
20年後くらいには自分もこんな感じで植物を楽しみながら登ろうかな。今はまだいいけど。



単独女性と別れた後、まだまだ時間も体力にも余裕があるので西門山へ行くことにした。
分岐のある鞍部を少し過ぎた辺り、あちこちに銀竜草が咲いていた。
20140615aa.jpg
別名、ユウレイタケ。
山ではたまに見かけますが、これだけ多くを一度に見たのは初めて。
ほんの100mくらいの間にいくつも見かけましたよ。




こんな岩壁の間を抜けていきます。
20140615ab.jpg



鞍部から40分弱で西門山の山頂に。
20140615ac.jpg
山頂だけど見晴らしは良くないです。
だけど静かな雰囲気で嫌いじゃないっす。



山頂で記念撮影してみた。
普段はあまりしない、軽快登山スタイルですよ。
20140615ad.jpg

帰り道、けっこういい感じの登山道なのでちょっと走ってみた。もう他の登山客もいないので。
トレランするにはちょっと荷物が重いですが、やっぱ気持ちいい。
ゆっくりでも、走ったらあっという間に下山。

今回は最後にちょっと走ったけど、4時間弱ゆっくり登山を楽しんできました。
次は走りに行きたいっすね。



プロフィール

hisa

Author:hisa
土佐の田舎のトレイルランナーhisaです。
走歴10年以上、2005年頃からトレイルランを始める。
翌年、3度目のフルマラソンで初サブスリー達成。
2008年頃、各地のトレイルレースで武者修行。
ハセツネや信越五岳に参加。
この頃、登山も始める。
現在、レースは年に数回程度。
山での楽しみ方を色々と模索中です。


Mail

出場予定レース
ないッス。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
カテゴリー
楽天市場
リンク
・マラソンブログ
京丸堂
青空一家の武者修行Ⅱ
トレイルランナーごうやす
俺も俺も
キャンサー・ランナー

・自転車ブログ
じてチャリブログ
CliMarathon
激疲れ!練習日記
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。